ポスティングのメリットとデメリット

今日はズバリ、ポスティングのメリットとデメリットについて。です。

たくさん配れば反響が出るかといえばそうでもありません。

ポスティングはターゲットを絞って、どれだけアプローチできるかが問われます。

まずはポスティングのメリットについて見てみましょう。

多数の人に届く

せっかくチラシを作っても、折込チラシでは新聞購読世帯が減っているため、多くの世帯には届きません。

折込だとカバー率は30%~40%。しかし、ポスティングであれば80%~90%カバーできます。

ダイレクトにポストに投函されることで、より多くの人の目に触れる可能性が高まります。

すぐに告知できる

配ると決めたら早いです。チラシがあればすぐに配布できますので、時間の無駄がありません。

折込チラシでは挟み込むための時間が必要だったり、発行日が決まっていたり、すぐに対応はできません。

即効性を求めるのもポスティング向きです。

紙媒体である

ウェブ広告との違いとして紙であることもひとつのメリットだと思います。

やはり紙の手触り、視認性、保存性など優れている部分があります。

これは年齢にもよるでしょうが、紙の広告とデジタルの広告では信用度も変わってくるかもしれません。

エリアを選べる

配りたいエリアを選ぶことでコストを抑えることもできます。

またターゲットを絞ったり、ピンポイントで届けたり、そのような臨機応変に対応できるのもポスティングの強みです。

 

さて、次はポスティングのデメリットもちゃんとお伝えしましょう。

 

天候に左右される

これはもう屋外で紙を扱う以上、どうしようもありません。多少の雨であればカバーで覆ったりして濡れるのを防げますが

どしゃぶりになると配布そのものが難しくなります。天候の回復を待って配るしかありませんので時間的なロスが出ます。

ですから配布には天候も含めて余裕を持った計画が必要です。

禁止物件がある

最近はポスティング禁止というところも増えています。できるかぎり配布はしますが、どこの業者も禁止物件は入れないようにしています。

中にはオートロックで外から入れないマンションもありますので、そのようなマンションには配布ができないのです。

クレームが入る

上記とあわせてポスティングをしていてたまに起こるのが住人や管理人と配布人とのトラブルです。

もちろん真摯に対応をするよう指導していますが、状況によるためどうなるか読めません。

後からチラシを見てクレームが入ることがあるので、そのような対応もポスティング会社が

対応してくれるかどうかも重要なポイントだと思います(ちなみに弊社はすぐに対応します)

配布状況が見えない

不特定多数へのポスティングは配布状況が見えにくいです。報告書やGPSデータの軌跡によって一応確認はできますが

実際すべてを見てまわるわけではありませんから、最終的には信用になってきます。

やはり、自分達がポスティングをやっているからこそ、配布するときはちゃんと管理されたスタッフに配布されているか、など

人の管理は非常に大切だと思います。ポスティングではよくあるのかもしれませんが、どんなに受け皿の会社が大きくても、

最終的に配るのは別の会社の末端のアルバイトだったりしますから・・・

弊社は必ず契約書を交わした組織内のスタッフにしか配布させません。組織だからこそ管理の大切さを痛感しています。